展覧会のお知らせ

桂信子賞創設10周年記念 桂信子賞の女性俳人たち

katsura.jpg

平成21年に戦後俳句を代表する女性俳人桂信子を顕彰し、女性俳人の活動の更なる発展を願い創設した桂信子賞は、本年度で第10回目をむかえます。桂信子賞創設10周年を記念し、桂信子と選考委員また過去の受賞者たちの作品などを紹介します。

<続きを読む>


かきもりニュース

第10回桂信子賞に大石悦子氏と対馬康子氏!

俳句創作に加え、地道な研究活動を怠らなかった女性俳人 桂信子(かつらのぶこ)の関係資料は、平成17年11月3日柿衞文庫に寄贈され、俳句資料室が開室しました。平成21年、その開室3周年と柿衞文庫開館25周年を記念して、ここに、桂信子を顕彰し、女性俳人の活動のさらなる発展を願って、桂信子賞を制定する次第となりました。

第15回鬼貫青春俳句大賞に京都府の田邉恭子さん

15歳以上30歳未満(1989年生まれから2003年生まれ)の若手俳人の発掘、登竜門として、柿衞文庫の開館20周年を記念し、平成16年に設けられた「鬼貫青春俳句大賞」。第15回目をむかえる本年の大賞、優秀賞、敢闘賞が12月15日(土)に決定しました。

第28回鬼貫顕彰俳句 小学校・中学校・高等学校の部 受賞者決定

柿衞文庫、也雲軒では、平成3年より郷土伊丹が生んだ偉大な俳人鬼貫(おにつら)を顕彰するため、伊丹市内の小学校・中学校・高等学校を中心に俳句を募集しています。本年度は、小学校低学年の部・小学校高学年の部・中学校の部・高等学校の部の4部門において、鬼貫賞4句、佳作40句、入選160句が決定しました。


かきもりトピックス

◎柿衞文庫では、2019年1月12日(土)から桂信子賞創設10周年記念「桂信子賞の女性俳人たち」展を開催しています。皆さまぜひご来館くださいませ。

◎今年も49歳以下のかたを対象にした若手による若手のための俳句講座「俳句ラボ」を開講しています。2019年1月・2月のご担当は藤田亜未先生です。次回、2月10日(日)の兼題は「木の芽時」「春浅し」「時計」「光」の計4句。また、当日に席題で一句お作りいただく予定です。お問合わせ・お申込みは、柿衞文庫(072-782-0244)まで。

◎2階の俳句資料室では、俳人桂信子氏の旧蔵書(近現代俳人の句集や俳句雑誌)など俳句関係の資料を閲覧いただくことができますので、ぜひご活用ください。ご利用には図書室利用料200円(学生100円)が必要です。

伊丹市ホームページへ

ページの上へ