展覧会のお知らせ

秋季特別展 開館35周年記念「蕪村の手紙」(2019.9.7~10.20)

秋季特別展 開館35周年記念「蕪村の手紙」展チラシ

画人として、俳人として、現代の私たちも愛してやまない作品の数々を生み出した蕪村。柿衞翁も鬼貫・芭蕉に並ぶテーマとして蕪村に注目し、資料の収集と研究につとめました。著書『俳画の美 蕪村・月渓』(昭和48年)は、俳諧と画業の両面から蕪村を追究した柿衞翁の研究の集大成です。

そうした蕪村の魅力を語るうえで欠かせないのが手紙です。独特の肉厚の文字で綴られる一通の手紙には、一編の物語を読むような楽しさがあります。夜半亭一門を率いる宗匠として句会に出たり、あるいは絵師として絵の注文に応じたりと、忙しい日々を送る仕事人としての蕪村。いっぽう、家族の生活を支え、一人娘の嫁入りに気をもむ家庭人としての蕪村。手紙の行間に、人間蕪村がさまざまな表情をのぞかせます。

蕪村の手紙展の第一弾となる本年は、手紙を中心に、初公開資料や画・俳の名品を交えた約75点を紹介します。

筆跡に蕪村の息遣いを感じながら、その生涯の足跡をともにたどってみませんか。

*会期中、一部展示替を行います。(前期9月7日~9月29日、後期10月1日~10月20日)

<続きを読む>

かきもりニュース

第29回鬼貫顕彰俳句 小学校・中学校・高等学校の部 受賞者決定

柿衞文庫、也雲軒では、平成3年より郷土伊丹が生んだ偉大な俳人鬼貫(おにつら)を顕彰するため、伊丹市内の小学校・中学校・高等学校を中心に俳句を募集しています。今年は、小学校低学年の部・小学校高学年の部・中学校の部・高等学校の部の4部門において、鬼貫賞4句、佳作40句、入選223句が決定しました。

こどもくずし字教室を初開催!

くずし字博士になろう!参加無料のくずし字教室を初開催!

あなたの一句を募集します!「伊丹一句(19)の日」事業を開始!!

みなさん毎月19日に一句詠みませんか?
 柿衞文庫は2019年7月19日(金)より新たに俳句公募事業「伊丹一句(19)の日」を実施いたします。


かきもりトピックス

◎2019年度も若手による若手のための俳句講座「俳句ラボ」を開講しています。次回は、11月10日(日)午後2時から。「初冬(はつふゆ)」「凩(こがらし)」「木の葉髪(このはがみ)」の中からお好きな兼題で3句以上(最大5句まで)を作ってご参加ください。兼題は3つすべてお使いいただいても、1つだけでもかまいません。皆さまのご参加をお待ちしております。お問合わせ・お申込みは、柿衞文庫(072-782-0244)まで。

◎今年も15歳以上30歳未満の方を対象にした「鬼貫青春俳句大賞」を募集します。応募締切は、2019年11月21日(木)必着です。皆さんの意欲的な作品をお待ちしています!お問合わせは、柿衞文庫(072-782-0244)まで。

◎2階の俳句資料室では、俳人桂信子氏の旧蔵書(近現代俳人の句集や俳句雑誌)など俳句関係の資料を閲覧いただくことができますので、ぜひご活用ください。ご利用には図書室利用料200円(学生100円)が必要です。

伊丹市ホームページへ

ページの上へ